ワンポーズクリエイター生みの親!?江口カン監督。

toyama投稿者:

「ポーズクリエイター」じゃダメ?人生変えたアドバイス

ワンポーズクリエイター®︎に関わってくださったお客様の声をご紹介します。
まずは、お一人め。映像ディレクター/映画監督の江口カンさん。この方なしでは語れません。欠かせません。

映像ディレクター/映画監督   江口カンさん

福岡を拠点に世界を動かすクリエイティブ・スタジオKOO-KI(空気株式会社)代表。
手がけたCMの数々が話題をさらい、カンヌ国際広告祭も多数受賞されるなど、猛烈な活動をされていらっしゃいます!最近では映画『ファブル』(岡田准一さん主演)やドラマ『めんたいぴりり』(博多華丸さん、富田靖子さん主演)の監督としてご存知の方も多いかと思います。

そんな日本を代表する映像ディレクター・江口さんよりコメントいただきました!

 

ある日、外山さんが「これからはポーズクリエイターと名乗っていきます!!」と言うので、「だったらワンポーズクリエイターにしたら?」って言ったのは確かに私ですが、半分冗談でした。
なのに、それ以来ワンポーズクリエイターを名乗り続ける子犬のように素直な性格の外山さん。ワンポーズのワンは、子犬のワンでもあるようです。

 

わたくし、まだ冗談だとわかっておりません

江口さん:「頭に“ワン”てつけなよ。オモロイよ。」(ニヤリ)
外山:(目からウロコのアドバイスに固まっている)
江口さん:(福岡名物の胡麻鯖を外山の前に差し出しながら)
「大事なものには全部〝ワン〟がついてるんだよ。ワンチャンス、ワンカット…。ね、外山さん。」。
外山:(目パチパチ)

カッコ良すぎる。
そのワンシーンを忘れません!!!

ポーズ専門の振付師という地図をどう広げていけば良いのか見当がついていなかった自分に、まずは自分自身のピンを目立たせるでしょ!どこに行くにもわかりやすくでしょ!と力強く背中を押してもらったような気がしました。
その後はおかげさまで商標を取得。今も冗談を真に受けっぱなしで、毎日ワンポーズつくっています。

江口さん、ありがとうございます。
ワンワーン

 

【江口カンさんプロフィール】
福岡生まれ。九州芸術工科大学画像設計学科卒業。
’97年KOO-KI共同設立。 映画やドラマ、CMなどエンターテインメント性の高い作品の演出を数多く手がける。
・カンヌ国際広告祭で3年連続受賞(Bronze/Bronze/Gold)
・2020年東京五輪招致PR映像「Tomorrow begins」のクリエイティブ・ディレクション。
・ドラマ「めんたいぴりり」「めんたいぴりり2」監督。日本民間放送連盟賞優秀賞など受賞。
・ドラマ「龍が如く 魂の詩。」監督。
・観光PRムービー「COME ON! 関門」企画・監督。Youtubeで 3400万ビューを記録。
・現在、映画『ガチ星』全国劇場公開拡大中。
・2019年には映画『めんたいぴりり』、映画『ザ・ファブル』が全国劇場公開予定。


 

関連記事