【お役立ち】ポーズで見抜け!人のホンネ〜その②〜

toyama投稿者:

しぐさでわかる人のホンネ

ポーズ専門の振付師・ワンポーズクリエイター®︎(以下OPC®︎)がお伝えする、しぐさでわかる人のホンネ。その②です。

人のホンネはポーズから読めちゃうんです!

マスクをしていてもわかるのです。
だってお顔の表情だけでなくからも漏れまくってるから。その人の心理状態が。
ポーズや体のしぐさから、相手が今どんな気持ちなのか想像して、お役に立ててみてくださいね。


こんなポーズを見逃すな!

〜脚編〜

生理現象(汗をかく、トイレなど)に次いで自らコントロールができないのが〝下半身の動き〟。
脚に注目すれば相手の気持ちがわかりやすいと言われています。ここでは以下のポイントに絞ってチェック!

  • ヒザの位置
  • 脚を動かす頻度

ヒザの位置

注目すべきはヒザ

▶︎ヒザがこちらに向いている  …
好意的な反応。あなたを受け入れているサインです。
相手のヒザの頭が隠れて判断しにくい場合は、つま先を見てみてください。からだの構造上、ヒザとつま先はほとんどが同じ方向を向いていますよ!

▶︎自分と反対側に向いている  …
残念ながら拒絶しているのかもしれません!
デートでお相手が、自分と横並びのイスでそうしていたらヤバイと思ってください。

▶︎ヒザと顔が近い(体育座りなど)  …
自分を守ろうとする or 退屈のサイン。
両腕でぎゅっと抱え込んでいたり、視線を合わさなかったりすると前者の可能性が高いです。小さなお子さんや、若い女性がイスの上でしたりするポーズ。

脚を動かす頻度


▶︎5分に1度動かす  …
早く切り上げたい何らかの事情があるサイン。落ち着かない原因を解消すれば止まるはずです。

▶︎めちゃめちゃ早く動かす  …
緊張や不安がある証拠。
男性に多くみられる〝貧乏ゆすり〟は本人は無意識であることが多く、欲求不満を解消しようとしてからだが行ってしまう動きと心理学では言われているようです。
ここぞのプレゼンや会議、デートでは要注意ですね。

▶︎脚を組む  …
リラックスしているポーズではありますが、組んだ脚に手を挟んでいる場合は、100%心を開いている状態ではないでしょう。または慎重な性格の持ち主と言えます。
それか、寒いか。ブランケットプリーズ!


まとめ

マスクはコミュニケーションの邪魔?

多くの人がマスクをしている今、表情がわかりにくくなっていますよね。〝相手の本当の気持ちがわからない〟〝何を考えているのか読み取りにくい〟そんな声を耳にします。確かに意思疎通のために、お顔の表情は大切な役割を担っていますよね。

じゃ、からだで気持ちを読み取ろう

今回の記事は〝脚〟について取り上げました。
イギリスの動物行動学者であるデズモンド・モリス「人間の心理は、下半身に表れる」とまで語っています。表情からだけではなく、人の心理状態はしぐさや動き・ポーズからも読み取ることができるんですね。

ポーズでコミュニケーション!

  • 落ち着かないときはペン回ししてる
  • 気がつくと爪を噛んでいる
  • ドアをバン!と閉める音が妻の機嫌のバロメーター

↑↑↑  思い当たる人もいるのでは。
そうです、これらも気持ちを表す体のサイン。からだは山ほどサインを出しています。

相手の状態や気持ちを想像することは、人間関係の基本。ぜひ、からだの表情にも注目してみてくださいね!あとチョットだけ、あなたの周りの人間関係のコミュニケーションがなめらかになりますように。


その①はこちら:【お役立ち】ポーズで見抜け!人のホンネ〜その①〜

参考文献:
『ボディランゲージを読む』野村雅一(平凡社 1994)
『他人の心は「見た目」で9割わかる!』多湖輝監修(大和書房 2011)
マンウォッチング―人間の行動学』(著)デズモンド・モリス (翻訳)藤田 統 (小学館 1980)

関連記事