【追記】カゴメ劇場〈舞台〉

toyama投稿者:

【カゴメのミュージカル/振付】

※2019年度は終了しました◎ありがとうございました

★振付担当しております
 カゴメ ミュージカル「カゴメ劇場
 ‪7〜8月夏休み期間中@全国主要市にて開催
「みんなベジフレンズ」2019

↓↓ 【同じポーズを二回席から見る】会場は全国の広〜い劇場です。振付師は会場中を移動しながら観てます。

カゴメ株式会社カゴメ劇場のページはこちら


こんな ミュージカルです

野菜好きを増やす家族向けの舞台

次の時代を担う子どもた ちの心とからだの健やかな成長を願って、毎年夏休みにたくさんの親子をご招待しているカゴメオリジナル のミュージカルです。幼児期から正しい食習慣を身につけ、野菜を好きになるためのきっかけとなるよう、食 育のメッセージを歌とダンスにのせて伝えるオリジナルミュージカル(第1部)と、世界の名作劇(第2部)を 上演しています。

引用:カゴメ劇場2019ニュースリリースより

カゴメによる、小さいお子さんwelcome! な家族向けの本格ミュージカルです。
毎年5万人を超える親子さんに楽しんでもらっております!パパママじいちゃんばあちゃん坊ちゃん嬢ちゃん…の友達も親戚もご近所さんも。この舞台が、みなさんの夏の楽しい思い出になっていたら嬉しいです。

2019年は全国17都市36公演。第一部は参加型の食育劇「みんなベジフレンズ」、
第二部の世界名作劇は「ジャックとまめのき」でした◎

「ジャックとまめのき」2019

無料でお土産付き。これがチャリティーってすごくないですか

お客様は無料ご招待(申し込みは抽選)です。終演後にはお土産の配布も。

またカゴメ劇場は2012年より、東日本大震災復興支援のチャリティミュージカルとして開催しておりま す。(中略)東日本大震災遺児の進学支援のための奨学基金「公益財団法人みちのく 未来基金」のチャリティミュージカルとして開催をします。

引用:カゴメ株式会社オフィシャルサイトより

会場で販売しているオ リジナルグッズやジュースの売り上げ、設置の募金箱、そして有料のチャリティシートの販売金額、全てをみちのく未来基金へ寄付しているとのこと。
CSRの一環として行われているカゴメ劇場、この取り組みをもっと知ってもらえたらいいなと感じます。

1972年(昭和47年)から続いてます

今年で47回目。10年前まで出演者は〝お姉さん〟を除いて全員着ぐるみだったとのこと!つまり、視界が狭くても着ぐるみを上手にコントロールし、お芝居ができるプロフェッショナル達が出演していたのです。現在の出演者はというと、お顔はフルオープン。もちろん生歌&生セリフでパフォーマンスしています。今年はアクロバットが得意な男性キャストのパフォーマンスがありました。衣装が身軽になり、個人の得意な身体表現が活かせるようになりました。劇中の演出面も、進化しています。目の前の人間と映像(そう!マッピング導入しているのです◎)とがコラボするようなダイナミックなシーンなどがあるんですよ!
このような舞台テクニカル技術の進化、多様化。生身の人間だからこそできるパフォーマンス。長く続くこのミュージカルが、今の子供たちやご家族に楽しんでもらえるよう日々工夫され続けているのを見ております。

「ジャックとまめのき」2019

会場の風景!

一緒にダンス〜

ありがとうございます!

「ベジタブル探偵団」2018
「みんなベジフレンズ」2019

振付担当10年です

★感謝しかない★

2010年(平成22年)より振付を担当しています。大学在学中、香瑠鼓さん振付のカゴメさんのCMの現場(ラブレでした❤︎)でアシスタントを務め、その翌年にお話を頂戴しました。ご縁を感じています。
自分のような小娘に大役を任せてくれたプロデューサーやスタッフの心意気がカッコよすぎて、感謝が追いつかないです。守って&支えてもらい続け、わたくしおそらく〝トマトに精通している振付師部門〟で現時点でトップなのではと薄々気づいております。いつも本当にありがとうございます!

2019年度で一番のお気に入りポーズはこちら!

おいしいってすごい。食べるって楽しい。

それを伝えるようなワンポーズを、子供たちに喜んでもらえるパフォーマンスを、家族が笑顔になる舞台のひとときをお届けできるよう、全うしていきたいと思います!


 

関連記事